ドッグフードの安全な選び方

ドッグフードの安全な選び方

愛犬に長く健康で居て欲しいと願うのであれば、気をつけなくてはいけないのが普段の食事です。ドッグフードはペットショップやドラッグストアなど、様々な場所で手に入れる事が出来るため、ついつい安価なものを選んでしまいがちですが、人間と同じように安全なものを選んであげなくてはいけません。ドッグフードの安全な選び方を知っておけば、大切な愛犬も健康で長く生きる事が出来るでしょう。
ドッグフードを選ぶ際に気をつけなくてはいけないポイントは3つあります。まずは無添加かどうか、そして材料が新鮮かどうかという点とグレインフリーかどうかです。ドッグフードは出来る限り、100%無添加で人工添加物が含まれて居ないものを選んであげましょう。

 

 

保存料である酸化防止剤は、ドッグフードを腐らせないで日持ちさせるために使われる添加物ではありますが、この酸化防止剤に含まれる成分には発がん性があると言われています。成分表示を見れば酸化防止剤が入っているかどうか解りますが、それと併せて賞味期限が極端に長いものも避けるようにしましょう。
次に気をつけなくてはいけない添加物に甘味料が挙げられます。甘味料はドッグフードの味を良くして、犬が好んで食べやすくするために使用されます。また、ボリュームを増やす事が出来ますので、安くて量の多いドッグフードによく含まれています。しかし、犬は本来糖分や塩分は必要なく、甘味料が含まれる事で内臓に大きな負担を掛けてしまいます。機能が低下すると、糖尿病やアレルギー症状などが起こりやすくなりますので注意が必要です。
次はドッグフードに新鮮な材料が使われているかどうかになります。極論を言えば、人間が食べたとしても害が無いようなドッグフードが理想的だと言えます。新鮮な材料を使っているドッグフードは、甘味料なんか使用しなくても、非常に食いつきが良いため、安心して与える事が出来ます。実際に人間が食べてみるのは、抵抗があると感じる人も多いと思われますので、事前に購入をする前に一度製造元に確認をしてみると良いでしょう。
最後はグレインフリーかどうかという点です。ドライ系のドッグフードには、トウモロコシや大麦、小麦といった穀物類が多く使われています。しかし、これらのものは犬にとってみると非常に消化しにくい成分のため、ドッグフードの大きさや量を増すために使われているだけのものです。犬は本来肉食動物のため、穀物を食べるような身体の構造はしていません。そのため、穀物が多く含まれているドッグフードばかりを食べ続けていますと、消化不良を起こしやすくなります。

 

 

肥満や糖尿病、消化器異常や皮膚トラブルなどのアレルギー症状の原因となりますので、非常に危険だと言えます。愛犬の健康を気遣うのであれば、以上の3点に気をつけて良いドッグフードを選んであげましょう。
ドッグフードを選ぶ際には、インターネットの口コミを活用するのも良いでしょう。人気のあるものが何なのか解りますし、口コミサイトから実際に商品を取り扱っているホームページをチェックする事が出来ますので、安全性を十分に確認する事が出来ます。原材料も何を使っているのかしっかりと明記されているメーカーであれば、より安全にドッグフードを購入する事が出来ます。
犬も人間も、健康に気遣うのであれば普段の食事をきちんと見直してあげなくてはいけません。質の良いドッグフードを選ぶのは飼い主の1つのマナーとも言えます。あまり質の良くない食事を与え続けてしまいますと、愛犬の寿命を縮めるどころか愛犬自体がご飯を食べること自体を嫌がってしまい、食事を摂らなくなってしまう可能性も出てきますので注意が必要です。