ドックフードを変える事で毛並みは良くなるのか

食べているドックフードを見直すことによって毛並みを良くする

普段から何も体調の変化がなく、病気もしていないのに毛並みが悪いといったことがあります。
そういう場合は大抵ドックフードが関係していまして、毎日食べて栄養を摂る食事になりますから非常に重要な要素となります。

 

今、現在食べているドックフードが合わない、栄養が偏っているなど理由はさまざまありますけど、食べているドックフードを見直すことによって毛並みを良くすることが可能です。

 

よく健康のために穀物を原材料にしているドックフードを与えている家庭は多いと思いますが、たんぱく質が不足することによって毛に行く栄養が不足してしまい、毛ヅヤが悪く見えてしまうことが多々あります。
もちろんたんぱく質を摂りすぎてしまうと体調が悪くなるのではないかといった懸念がありますけど、栄養の偏りを直してあげる必要があります。

 

たんぱく質さえ与えれば何でも良いという訳ではなく、消化しやすい動物性たんぱく質が犬には適しています。
犬は肉食の動物になりますから動物性たんぱく質の方が消化がしやすく、しっかりとした栄養を摂取することができますから毛並みも良くなります。

 

動物性たんぱく質が不足することによって、毛に栄養が行き渡らなくなるので毛の状態が悪化するのは当然であり、また脱毛することもありえます。
たんぱく質は毛だけではなく、筋肉、内臓、皮膚といった身体を作る上で大切な栄養素であり、犬は人間が必要としているたんぱく質の3倍以上も必要だと言われていますので栄養を考えてドックフードを選ばないといけません。

 

もう一つ大事な栄養としてあるのが脂肪酸になりまして、これが含まれているドックフードは毛に良い影響を与えてくれます。
必須脂肪酸は犬の体内で自ら生成することができない成分ですから外から与えてあげないといけませんので脂肪酸がドックフードに含まれているかどうかは重要な要素と言えるでしょう。

 

必須脂肪酸はその他にも動脈硬化の予防、皮膚の調整、悪玉コレステロールの減少、抗炎症作用などの働きがあると言われていますので、犬の健康のためにも必要です。

 

あまりドックフードをいじりたくない、変えると心配だという家庭も多いと思いますので必要な栄養をサプリメントで与えるといった方法も考えられます。
サプリメントも種類が豊富にあり、形状、栄養、与え方といったように犬の好みに合わせて選んであげることをおすすめします。

 

犬の毛並みはストレスや体調にも関係していますけど、上記のようにドックフードによる栄養が大事であり、これを無視する訳にはいきません。
それに今までずっと同じドックフードを与えていたのに変化があったという方がいますが、ドックフードが悪くなったのではなく、犬も加齢していきますから、それぞれの年齢や体調に合ったドックフードを選ぶ必要があります。

 

犬も人間と同じように歳を重ねると体力も基礎代謝も落ちますから毛並みも悪くなっていきます。
若い時と同じドックフードを与えていて悪くなねのも当然だと言えまして、年齢に応じて変えてあげることが大切です。
食事だけで、そんなに大きく変化するのかと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、毛並みの変化はドックフードが主な原因ですので、その時の状況に合わせて見直していきましょう。

 

ドックフードを変えただけでは完全に状態が良くなるという訳ではありませんので、普段からの手入れは重要ですけど、やはり身体の中から変えていくことが大切です。

 

もう一つ大切になるのが栄養バランスになりまして、動物性たんぱく質や必須脂肪酸が大事ですけど栄養バランスが悪ければ意味がありません。
それを考えてしっかりと、どんなドックフードを与えたら良いか見直して、犬の好みに合わせて選んであげましょう。